【サッカー】サポーターみんなが気になっている「試合中に書いているメモの内容」 森保監督に聞いてみた! [久太郎★]

【サッカー】サポーターみんなが気になっている「試合中に書いているメモの内容」 森保監督に聞いてみた! [久太郎★]

1:2022/09/20(火) 18:58:06.73ID:CAP_USER9 大坂なおみ独占インタビュー「自分に自信を持てる人間に…」栄光と挫折を経てたどりついた気持ちの変化
9/20(火) 13:51配信

TBS NEWS DIG Powered by JNN

女子テニスの東レパンパシフィックオープンに出場する大坂なおみ選手が、TBSの独占インタビューに応じました。2019年の前回大会を制した大坂選手が大会への思い、今の心境、そして今後への思いを率直に語りました。

【写真を見る】大坂なおみ独占インタビュー「自分に自信を持てる人間に…」栄光と挫折を経てたどりついた気持ちの変化

石井大裕アナウンサー:
調子はいかがでしょうか。

大坂選手:
はい。ここ最近のトーナメント(大会)では自分が思っているほどいいプレーができていませんでしたが、でも、ここではいつもいいプレーができます。とにかく戻ってこられて嬉しいです。

石井アナ:
けが(アキレス腱)の状態は?

大坂選手:
良くなってきています。なり得るだけの良さの状態です。

石井アナ:
3年ぶり開催の今大会、ディフェンディングチャンピオンとして臨みます。

大坂選手:
そう表現されると変な感じがします。最後、確か2019年でしたが、大阪(※前回大会は大阪開催)でした。今回はここ(東京)に戻りましたが、今はセンターコートがとても美しいと思いますし、(関係者の皆さんが)とてもいい仕事をしてくれたと思います(とても美しく作ってくれました)。センターコートに戻れてとてもありがたい気持ちです(感謝しています)。たくさんの人と会えるのを楽しみにしています。

2016年にインタビューをした際、大坂選手は将来についてこんなことを語っていました。

石井アナ
「あなたのゴールは?未来の。人生において、テニスにおいて」

大坂選手
「もちろんナンバーワンになること。ここの(東京)オリンピックでプレーすること。そしてすべてのグランドスラムでいい成績を残すこと。できれば勝ちたいです」

その言葉通り、大坂選手は4度のグランドスラム制覇、19年には世界ランク1位になるなど大躍進を遂げました。

石井アナ:
あれから、4大大会も制覇し、世界ランク1位にもなりました、大きな変化がありましたね。

大坂選手:
あまりそのこと(変化)について考えていなかったです。2016年と言われてもあまり時間が経っている感じがしませんし、しかしグランドスラム(=18年全米OP優勝)以降、私の人生の1年1年がとても違うように感じます。

数々の栄光の一方で、精神的な不調もあり、21年の全米オープン後はプレーから離れ休養していた時期もありました。今年ツアー復帰し、コートに戻ってきた今だからこそ聞いてみたいことが。

石井アナ:
今大会に限らず、将来の目標は?

大坂選手:
そうですね、目標は・・・自分に自信が持てる人間になることでしょうか。それから、ぼんやりした答えですが、前よりもハッピーになること。常にやる気を持ち続けること、もっと上達したいと思い続けることですね。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6439275

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/1/f/680w/img_1f89037cc31e5867ffcf09360ee6b163282555.jpg

共有:

1:2022/09/20(火) 18:58:06.73ID:CAP_USER9 大坂なおみ独占インタビュー「自分に自信を持てる人間に…」栄光と挫折を経てたどりついた気持ちの変化
9/20(火) 13:51配信

TBS NEWS DIG Powered by JNN

女子テニスの東レパンパシフィックオープンに出場する大坂なおみ選手が、TBSの独占インタビューに応じました。2019年の前回大会を制した大坂選手が大会への思い、今の心境、そして今後への思いを率直に語りました。

【写真を見る】大坂なおみ独占インタビュー「自分に自信を持てる人間に…」栄光と挫折を経てたどりついた気持ちの変化

石井大裕アナウンサー:
調子はいかがでしょうか。

大坂選手:
はい。ここ最近のトーナメント(大会)では自分が思っているほどいいプレーができていませんでしたが、でも、ここではいつもいいプレーができます。とにかく戻ってこられて嬉しいです。

石井アナ:
けが(アキレス腱)の状態は?

大坂選手:
良くなってきています。なり得るだけの良さの状態です。

石井アナ:
3年ぶり開催の今大会、ディフェンディングチャンピオンとして臨みます。

大坂選手:
そう表現されると変な感じがします。最後、確か2019年でしたが、大阪(※前回大会は大阪開催)でした。今回はここ(東京)に戻りましたが、今はセンターコートがとても美しいと思いますし、(関係者の皆さんが)とてもいい仕事をしてくれたと思います(とても美しく作ってくれました)。センターコートに戻れてとてもありがたい気持ちです(感謝しています)。たくさんの人と会えるのを楽しみにしています。

2016年にインタビューをした際、大坂選手は将来についてこんなことを語っていました。

石井アナ
「あなたのゴールは?未来の。人生において、テニスにおいて」

大坂選手
「もちろんナンバーワンになること。ここの(東京)オリンピックでプレーすること。そしてすべてのグランドスラムでいい成績を残すこと。できれば勝ちたいです」

その言葉通り、大坂選手は4度のグランドスラム制覇、19年には世界ランク1位になるなど大躍進を遂げました。

石井アナ:
あれから、4大大会も制覇し、世界ランク1位にもなりました、大きな変化がありましたね。

大坂選手:
あまりそのこと(変化)について考えていなかったです。2016年と言われてもあまり時間が経っている感じがしませんし、しかしグランドスラム(=18年全米OP優勝)以降、私の人生の1年1年がとても違うように感じます。

数々の栄光の一方で、精神的な不調もあり、21年の全米オープン後はプレーから離れ休養していた時期もありました。今年ツアー復帰し、コートに戻ってきた今だからこそ聞いてみたいことが。

石井アナ:
今大会に限らず、将来の目標は?

大坂選手:
そうですね、目標は・・・自分に自信が持てる人間になることでしょうか。それから、ぼんやりした答えですが、前よりもハッピーになること。常にやる気を持ち続けること、もっと上達したいと思い続けることですね。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6439275

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/1/f/680w/img_1f89037cc31e5867ffcf09360ee6b163282555.jpg

1:2022/09/19(月) 23:27:39.13ID:CAP_USER9 上原多香子、色白美肌の39歳最新ショット披露
「美容家」転身へ美を探求

元「SPEED」の上原多香子(39)が18日に自身のインスタグラムを更新し、バスタイム中の美肌ショットを公開した。

「美容家」を目指すことを報告していた上原。この日は、入浴姿の画像をアップし透き通るような色白美肌を披露。
「三連休、台風の影響で気候が不安定ですね そんなときこそ、おうち時間を大切にゆっくりとバスタイムはいかがですか?」とコメントした。

上原は18年にコウカズヤ氏と再婚し、同年12月に第1子男児を出産した。

来年1月14日に節目の40歳誕生日を迎える上原は「来年に向けて、そして、セカンドキャリアをスタートするため、いろいろと動き出しました」「美容への探求を続け、美を通して、たくさんの方をさらに美しく、笑顔にしていくお手伝いをしていきたいと思います」などと決意を記し「#美容家」のタグを付けていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/652eeacfa394313979426cfe5107c8c32705e9ac
https://i.imgur.com/hVu0ckV.jpg

ヤユヨが、10月1日(土)20:00からYouTube生配信ライブ『“FALL” in LIVE!!』を開催する。

番組内ではバンド形態でのライブに加え、特別な発表を予定。配信ライブはmurffin discsのYouTubeチャンネルから無料配信され、SuperChatを使ってアーティストへの支援も可能。また、11月からスタートする初の対バンツアー『ヤユヨの徒然させない対バンツアー』についての発表もあるので要チェックだ。同ツアーは東名阪で開催され、初日は東京・duo MUSIC EXCHANGEから始まり、名古屋・池下CLUB UPSET・ファイナルは地元大阪・心斎橋Music Club JANUSで開催される。チケットは現在一般発売中。

さらに、7月17日(日)に行われた『ヤユヨの爛漫ワンマンツアー2022』の東京ファイナル公演から「あばよ、」、「ピンク」、「世界のなかみ」のライブ映像3曲を公開。本ツアーはヤユヨにとって2回目となる全国ツアーで、ツアーファイナルは東京・渋谷CLUB QUATTROで行われソールドアウトとなった。どの楽曲もライブ映像の公開は初となり、特に「ピンク」は拡声器でパフォーマンスするリコ(Vo)に要注目してほしい。

『ヤユヨの爛漫ワンマンツアー』@渋谷クアトロ映像 「あばよ、」

『ヤユヨの爛漫ワンマンツアー』@渋谷クアトロ映像 「ピンク」

『ヤユヨの爛漫ワンマンツアー』@渋谷クアトロ映像 「世界のなかみ」

source:New feed

キュウソネコカミが、2022年秋・冬に開催するワンマン&対バンの全国ツアー『ヒッサツマエバ -きあいだめ-』の対バンアーティストを発表した。

10月12日(水)神戸 太陽と虎 公演を皮切りに、ワンマン公演と対バン公演を混ぜ、全国18カ所を回るツアー。若手からベテランまで、さまざまなアーティストとキュウソが激突する。

source:New feed

前作アルバム『REIWA』から約3年の月日を経て、2022年11月30日(水)にソニー・ミュージックレーベルズ移籍第一弾となる清 竜人のアルバム『FEMALE』(フィメイル)がリリース決定した。

本作は“原点回帰”を掲げ、楽曲制作に注力。ドラマタイアップ曲の「Knockdown」、「コンサートホール」や、5人組ミクスチャーバンド「Kroi」のボーカル内田怜央をフィーチャリングに迎えた楽曲「If I stay out of life…? (feat.Leo Uchida from Kroi)」など、進化したシンガーソングライター清 竜人を堪能できる1枚。

ニューアルバムに加えさらに、CD2枚とブルーレイとDVDをバンドルした5枚組としてリリース。ブルーレイには清 竜人が監督・主演・脚本(PartⅡ)・音楽を務め、明日9月24日(土)より渋谷ユーロスペースにて1週間で上映される映画『IF I STAY OUT OF LIFE…?』を全編完全収録。バンドルCDには2020年5月27日配信限定でリリースした、清 竜人が声優やアイドルをはじめとするアーティストへ提供した楽曲をセルフカバーしたアルバム『COVER』と、さらに映画『IF I STAY OUT OF LIFE…?』オリジナルサウンドトラック(全曲清 竜人作曲作品)の2枚のCDを収録。

DVDには2022年4月16日に開催された『清 竜人 弾き語りTOUR 2022』東京公演を収録。「痛いよ」を始めとする往年の人気曲や、最新曲をピアノ一つで弾き語る。

目次

清 竜人コメント

約3年ぶりのオリジナルアルバムとなります。

この3年間、そしてこれまでの清竜人の全てが詰まったような、そんな作品に仕上がったと思います。まだ全曲できてないけど。併せて、映画初監督作品も収録されます。

最近、自分の本業が何かわからなくなってきましたが、音楽を淵源とした僕の様々な表現を堪能していただけたらと思います。

完成した暁には、暫く旅に出ますので、探さないでください。さいなら。

source:New feed

2022年9月23日(金・祝)GLOBAL RING THEATRE〈池袋西口公園野外劇場〉にて、東京芸術祭 2022を都民・区民の方々と祝し、芸術祭のオープニングを宣言する「開幕式典」が開催された。

東京芸術祭は2016年に始まった都市型総合芸術祭で、「ひらく」 「きわめる」 「つながる」をキーワードに展開、今年で7回目の開催となる。9月~12月にかけて、豊島区池袋地区を中心に30を超えるプログラムが披露される。

撮影:二石友希

撮影:二石友希

式典では小池百合子東京都知事、近藤誠一東京芸術祭実行委員長からの挨拶や開幕宣言、東京芸術祭実行委員・来賓の紹介、そして9月23日が「手話言語の国際デー」であることから、『となり街の知らない踊り子』出演の北尾亘による手話ソング「ありがとうの花」が披露され、登壇者をはじめ、来場の皆様で一緒に手話で歌った。

撮影:二石友希

撮影:二石友希

そして、芸術祭の上演演目である、野外劇『嵐が丘』出演の片桐はいりと『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』に出演する佐々木蔵之介のトークセッションが行われた。

目次

片桐はいり コメント

片桐はいり 撮影:二石友希

片桐はいり 撮影:二石友希

野外劇「嵐が丘」を池袋のど真ん中で、まさにここでするのかと実感しています。野外劇は以前にも、出演したことがあるのですが、雨の音が拍手の音のように聞こえたり(笑)、したのを覚えています。通りを行く車の音、ネオンの明かり、街の雑踏といった、ある意味都会の自然を取り込みながら芝居したいと思います。「嵐が丘」は、愛憎劇という印象がありましたが、今回改めて読んでみて、キャサリンの激情に、人間ではない激しさを感じています。野外劇には向いている作品かもしれません。

私の初観劇は本多劇場のこけら落とし公演の緑魔子さん出演の「秘密の花園」でした。今作はワンコインで観られてハードルが低いので、通りすがりの人も「何かやってるな」「こういう事をしている人がいるんだ」ということを知っていただけたら嬉しいです。茶々を入れるつもりでも構いません(笑)!ぜひ、覗きにきてほしいなと思います。

佐々木蔵之介 コメント

佐々木蔵之介 撮影:二石友希

佐々木蔵之介 撮影:二石友希

初めての観劇体験は、唐十郎さんの作品でした。内容はよく理解できませんでしたが(笑)、すごいエネルギーを感じて、これが演劇のパワーか!と、圧倒されたのを覚えています。

また、ルーマニアのシビウ国際演劇祭を観にいったときは、そこかしこで同時多発的に芸術に触れることができて、演劇やダンスやアートをすごく身近に感じることができました。この芸術祭も7年続いているので、この先もずっと続いたらいいなと思っています。私が出演する「守銭奴 ザ・マネー・クレイジー」は、以前「リチャード三世」でご一緒したシルヴィウ・プルカレーテさんの演出で、前回ご一緒した際の豊かな時間を思い出しました。プルカレーテさんの演出は、人の醜い部分を残酷に、だけど美しく強烈に、かつユーモアを交えて表現される方なので、「守銭奴」をどんな喜劇に持っていくのかとても楽しみです。

そして、歌舞伎作品をプルカレーテさんが演出した「スカーレット・プリンセス」は、ルーマニアのカンパニーが演じています。シビウ演劇祭に行ったときに劇場は拝見したのですが、上演は観ることができなかったので、やっと日本で観られることができて嬉しいです。

観劇は、日常が非日常になる機会でこの芸術祭を通じて、身近に肌で演劇やアートを感じていただけたらと思います。

撮影:二石友希

撮影:二石友希

source:New feed

1:2022/09/20(火) 05:28:46.54ID:CAP_USER9 ブルーノ・マーズ、緊急来日公演決定! 京セラドーム2日間、東京ドーム2日間の初ドームツアーを開催
9/20(火) 4:01 THE FIRST TIMES
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba579bff21cbfb9391e62d1f1670a26aaa95f593
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220920-01999028-mnet-000-1-view.jp

■『Bruno Mars Japan Tour 2022』は10月22・23日に京セラドーム大阪、10月26・27日に東京ドームにて開催

グラミー賞を15冠受賞しているブルーノ・マーズが約4年振りに来日。京セラドーム大阪(大阪は約8年振り)、東京ドームの初ドームツアーが開催される。

ブルーノ・マーズは、2021年、グラミー賞を計8冠受賞しているアンダーソン・パークとグループ「シルク・ソニック」を結成。1stシングル「リーヴ・ザ・ドア・オープン」は全米シングル・チャートで1位を獲得し、オフィシャルMVの再生回数は5億回を突破。そして、グラミー賞では「最優秀レコード賞(Record Of The Year)」、「ベストR&Bパフォーマンス賞(Best R&B Performance)」を受賞。メロディ・センスと美声で世界を魅了するブルーノ・マーズは、今や“音楽界の至宝”として不動の地位を確立している。

『Bruno Mars Japan Tour 2022』は、10月22・23日に京セラドーム大阪、10月26・27日に東京ドームにて開催される。

●ブルーノ・マーズ 緊急来日決定!| Bruno Mars Japan Tour 2022
https://www.youtube.com/watch?v=buJvKWSd6jI

[ブルーノ・マーズ] BRUNO MARS 来日公演 公式特設サイト
https://www.hipjpn.co.jp/live/brunomars/
https://www.hipjpn.co.jp/live/brunomars/images/kv_artist_pc.jpg

2022年11月5(土)・6日(日)の2日間、幕張国際研修センター シンポジウムホールにて、朗読劇『妖琦庵夜話 その探偵、人にあらず』が上演されることが決定した。

小説「妖琦庵夜話 その探偵、人にあらず」(KADOKAWA/角川ホラー文庫)

小説「妖琦庵夜話 その探偵、人にあらず」(KADOKAWA/角川ホラー文庫)

小説「妖琦庵夜話 その探偵、人にあらず」(KADOKAWA/角川ホラー文庫)は2009年12月刊行、榎田ユウリ(著)・中村明日美子(イラスト)のコンビで贈る人気妖怪探偵小説。美貌の青年茶道家・洗足伊織は、妖怪のDNAを持つ異質な存在。しかし明晰な頭脳と、不思議な力を持つがゆえに、警察に頼られて、妖怪がらみの事件に巻きこまれてしまう……という物語。彼を巡る事件の数々が、榎田ユウリの華麗な文章で紡がれ、人気を集めている。

今回、本作の朗読劇化が、脚本を長瀬貴弘、演出を山崎彬によって決定した。出演は主演の佐奈宏紀をはじめ、正木 郁奥谷知弘矢部昌暉など、多彩な顔触れが集結。

佐奈宏紀

佐奈宏紀

正木 郁

正木 郁

奥谷知弘

奥谷知弘

矢部昌暉(DISH//)

矢部昌暉(DISH//)

どんな公演になるのか楽しみにしよう。

source:New feed

WOWOWオリジナルミュージカルコメディ「福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』」(以下、「グリブラ」)。2022年9月30日(金)#66の放送は、10月6日(木)よりプレビュー公演、8日(土)より日生劇場にて上演予定のミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の稽古場取材を届ける。

さらに井上芳雄がミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』より「Any Dream Will Do」を、岡幸二郎がミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』より「全ての山に登れ」を披露する。

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』は、第60回トニー賞にてミュージカル作品賞をはじめ3部門を受賞した名作ミュージカル。日本では2016年に初演、18年に全国ツアーとして再演。20年には帝国劇場での公演を予定していたが、新型コロナウィルス感染症の影響で中止となり世界初となるコンサート形式での公演を実施。そして今年10月、いよいよ日生劇場に初登場する。

「グリブラ」では開幕に向けて熱気あふれる稽古場の様子を突撃取材。今回は、初演よりフランキー・ヴァリ役を演じる中川晃教が、準レギュラーとしてもおなじみの「グリブラ」ファミリーの一員として、自らインタビュアーとして取材するというスペシャルな稽古場取材となっている。

自身が属するチームBLACK(中川晃教・藤岡正明・東啓介・大山真志)の稽古場風景も公開。別日程で行われた、チームGREEN(花村想太(Da-iCE)・尾上右近・有澤樟太郎・spi)の稽古場にもカメラとともに取材した。

再演を重ねてきた『ジャージー・ボーイズ』ならではの密度の高さ、そしてそれぞれのチームの個性が光る稽古の模様は必見。中川による、両チームのキャストへのインタビューも貴重だ。

ミュージックショーのコーナーでは、井上が今年、日本でも上演されたミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』より「Any Dream Will Do」を英語詞で歌唱。

また、岡は不朽の名作、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』より「全ての山に登れ」を、コーラス隊の吉川恭子・水野貴以・杉浦奎介・間聖次朗とともに披露する。

グリブラ#66は、9月30日(金)午後10時よりWOWOWプライムにて放送。さらにショート動画シリーズ「グリーン&ブラックス 居残りゼミ」#6も、9月30日(金)午後10時よりWOWOWオンデマンドで限定配信される。

このたび井上、岡のコメントが到着した。

▼「Any Dream Will Do」
(ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』より)

目次

【井上芳雄からのメッセージ】

井上芳雄

井上芳雄

この曲が好きで自分のラジオ番組でも歌ったりしていたんです。アンドリュー・ロイド=ウェバーの初期の作品で、ゆったりとした曲調でシンプルなぶん、ドラマチックなものに比べると逆に難しい部分はありましたが、改めて聴いてみるとただシンプルなだけではない豊かな構成だな…というのも新しい発見でした。心地よいメロディラインで、ミュージカルは派手な曲ばかりじゃない、声を張り上げるばかりが歌じゃないぞ〜って感じですよね。欧米では長く上演され続けている作品なので、今年ようやく日本初演が実現して良かったなと。ミュージカルにはいろんな曲があるんだな、と皆さんに感じていただけたら嬉しいです。色彩豊かなドリームコートにちなんでの、この衣装、舞台セットとなっています。

▼「全ての山に登れ」(ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』より)

【岡幸二郎からのメッセージ】

岡幸二郎

岡幸二郎

この曲はデビュー25周年のときに作ったCDに収録されていて、オーケストラが活かせる曲を…と考えてセレクトした中の一曲なんですね。最近はこうしたクラシックなミュージカル曲を歌う人が少なくなっているので、もしかしたら若い世代でご存知ない方は多いかもしれません。メッセージ性のある歌詞も、メロディも素晴らしく、今回歌ってみて本当にいい曲だな〜と思いましたね。物語の中では修道院の院長さんが歌う楽曲です。「グリブラ」でこの曲を聴いて、『サウンド・オブ・ミュージック』という作品全体を観てみたい!と思っていただけたら嬉しいです。

source:New feed

『レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート』ジャン・バルジャン役から一躍トップ・スターへと駆け上がったアルフィー・ボーが、2023年2月、東急シアターオーブにてミュージカル界を牽引する若きトップ・スターをゲストに迎えたミュージカル・コンサートを開催する。

2019年、20年にロンドンで歴代スターが集結し大評判を呼んだ『レ・ミゼラブル・ザ・オールスター・ステージ・コンサート」で、主役を務めたアルフィー・ボーと共演を果たし、まばゆいばかりの輝きを見せた次世代スター、ブラッドリー・ジェイデン(アンジョルラス役/ ジャヴェール役)と、深みのある伸びやかな歌声で観客を魅了したロブ・ホーチェン(マリウス役)が満を持して来日。

さらには同作品ファンティーヌ役や『ウィキッド』のエルファバ役で絶大な人気を誇るアリス・ファーンが加わり、本場でも聴けない至極の『レミゼラブル・メドレー』がここに実現する。レミゼからクイーンまでアルフィー・ボーが日本のファン限定で贈る、2度とない究極のオールスター・ミュージカル・コンサートとなる。

<予定曲目>

予定曲目(一部解禁)

♪『レ・ミゼラブル メドレー』feat.

One Day More/ The Confrontation/ Stars/ At The End Of The Day/Bring Him Home /I dreamed a dream

♪『オペラ座の怪人』feat.

Music of the night / Wishing You Were Somehow Here Again

♪『ウィー・ウィル・ロック・ユーメドレ-』feat.

We Will Rock You /Who Wants to Live Forever/The Show Must Go On

Friends Will Be Friends/Teo Torriatte (日本語)

♪『ウエスト・サイド・ストーリー メドレー』feat.

Maria / Somewhere / Tonight

♪ 『ウィキッド』feat.

Defying Gravity / As Long as You were Mine

……and more!!

*セットリストは変更になる場合があります。

目次

アルフィー・ボー

アルフィー・ボー

アルフィー・ボー

英国随一の人気を誇るテノール歌手であり、トニー賞も受賞しているアルフィー・ボー。2010年『レ・ミゼラブル25周年記念コンサート』のジャン・バルジャン役で一躍トップ・スターへの仲間入りを果たした。2019年ロンドンで16週限定で行われた『レ・ミゼラブル ザ・オール・スター・ステージ・コンサート』では、再びジャン・バルジャン役を演じ圧巻の歌声を披露。盟友マイケル・ボールとの共演アルバムは4作連続で大ヒットを記録、10月には5作目となる『トゥギャザー・イン・ヴェガス』を発売予定。また、ロイヤル・アルバート・ホールでの単独公演も10月に控えている。ボール&ボーとしての初来日(2018年)単独来日公演(2019年) 、2020年のコロナ禍での公演開催中止を経て、2023年2月に来日公演が決定した。

アリス・ファーン

アリス・ファーン

アリス・ファーン

イギリス出身 『レ・ミゼラブル』(フォンテーヌ役)『シュレック・ザ・ミュージカル』『オリバー!』などに出演。2019年まで主演を果たした大ヒットミュージカル『ウィキッド』のエルファバ役を演じ、一躍トップ・スターへ。歴代エルファバ役の中でも絶大な人気を誇り、フィアロ役を演じたブラッドリー・ジェイデンとも共演。現在はトニー賞ミュージカル『カム・フロム・アウェイ』にメインキャストの一人として出演中。ウエスト・エンド代表をする超実力派女優。

ブラッドリー・ジェイデン 

ブラッドリー・ジェイデン

ブラッドリー・ジェイデン

イギリス出身 『ウィキッド』(フィアロ役)『ミュージカル:南太平洋 in コンサート』『マイ・フェア・レディ60周年記念アニバーサリー』などに出演。2019年連日完売となった『レ・ミゼラブル ザ・オール・スター・ステージ・コンサート』でアンジョルラス役を熱演、アルフィー・ボー、マイケル・ボールらと共演を果たした。また2019年より新演出版『レ・ミゼラブル』でジャベール役を好演中。最近では「キャメロット」コンサート版でラミン・カリムルーと共演するなど、ウエスト・エンドで人気急上昇中のスター俳優。

ロブ・ホーチェン

ロブ・ホーチェン

ロブ・ホーチェン

イギリス出身 『レ・ミゼラブル』(マリウス役)『ライト・イン・ザ・ピアッツア』『シティ・オブ・エンジェルス』『南太平洋』などに出演。2019年の『レ・ミゼラブル ザ・オール・スター・ステージ・コンサート』ではマリウス役を再び好演。アンジョルラス役を演じたブラッドリーと共に若きミュージカル・スターとして多いに注目を集めた。ミュージカル俳優としての活躍に止まらず、ソロ・シンガーとして2枚の作品をリリースするなど、どんな曲も歌いこなす変幻自在な歌声と表現力は折り紙付き。今最も注目すべき若手実力派俳優。
 

source:New feed

2023年1月18日(水)〜29日(日)下北沢ザ・スズナリにて上演される、月影番外地 その7『暮らしなずむばかりで』。この度、高田聖子松村武より公演に向けたコメントが届いた。

「月影番外地」は、劇団☆新感線の高田聖子が劇団公演とは違った新しい試みに挑戦しようと「月影十番勝負」として1995年に立ち上げたユニット。

誕生してから12年、気鋭の作家、演出家、俳優に勝負を挑み続け、2006年に「十番勝負」で決着を迎えたはずだったが、「やっぱりまだ続けたい!」という高田聖子とスタッフとの思いが募り、2008年に「月影番外地」として復活。「高田聖子の新たな魅力を開拓すること」をテーマに、時には文芸路線、時には思いっきりバカバカしいものをと攻め続け、5作目となる『どどめ雪』(2016年上演、作/福原充則、演出/木野花)では、高田が2016年第51回國屋演劇賞個人賞を受賞するなど、大きな評価を得た。

今回、脚本を勤めるのは「ピチチ5(ピチチクインテット)」を主宰し脚本・演出を務め「ニッポンの河川」「ベッド&メイキングス」「スリーピルバーグス」などのユニットでも活動する、福原充則。『くじけまみれ』『つんざき行路、されるがまま』『どどめ雪』に続き「月影番外地」は4作目となる。

演出は木野花。、1974年に女性だけの劇団「青い鳥」を結成。80年代小劇場ブームの旗手的存在となり、退団後は女優、演出家として演劇界を力強く牽引し、2018年『愛しのアイリーン』でキネマ旬報助演女優賞を受賞している。「月影」は『僕の美しい人だから』で演出を務めて以降、演出または役者としてほぼ全作品に参加し、いまや「月影」シリーズのブレーンとしてなくてならない存在である。

出演者は、劇団「カムカムミニキーナ 」の主宰で作・演出・出演として活躍の松村武。大人計画の宍戸美和公。「月影番外地」には『ジエットの窓から手を振るわ』で強烈な印象を残して以来2本目の出演になる。また映像や舞台で幅広く活躍中の田村健太郎、『つんざき行路、されるがまま』、『どどめ雪』についで3作目の出演になる。また「動物電気」の森戸宏明、「HIGHLEG JESUS」出身の信川清順ら、演劇界の個性派、演技派たちの共演が実現した。

(左から)高田聖子、松村武

(左から)高田聖子、松村武

目次

高田聖子 コメント

コロナ禍になって、あまりの先の読めなさに集団でモノを創るのが怖くなる感覚がありました。怖くてもぼんやりしていてもただ時は過ぎるばかりなので、本当に少しづつ月影の準備をはじめました。はじめてみると「できるかもしれない」という思いが湧いてきました、単純ですね。色んなことが具体的に決まっていくと希望が大きくなってゆき、出演のお願いをしたみなさんから次々といい返事がもらえて、なんだかスイスイと雲が晴れていくような感覚がありました。手前味噌で申し訳ないけれど、みなさんが月影に興味を持ってくれている実感があって、それが素直に嬉しいです。
脚本を福原さんにお願いするのは四度目です。毎回、面白いようにどん詰まりから得体の知れない光に向かってじわじわと歩きだす登場人物たちが、今回は「自らエンジン噴かせて限界突破」する様な作品になるのではないかと思っています。
まだまだマスクを外せない昨今、目の前で顔の下半身を曝け出す我々をお楽しみいただけたら幸いです。
五十路の逆噴火物語、どうか楽しんでいただけますように。まずは健康第一で、みなさんにお会いできる日を楽しみに準備を進めます。

松村武 コメント

月影は以前から「レベルの高い役者が集う場」だとの印象でした。だから月影に呼ばれるっていうことは、俳優として、すごく嬉しい。実は、自分の劇団(カムカムミニキーナ)の藤田記子が出た時は、嫉妬を感じてました(笑)
演出の木野さんは、僕の劇団の芝居をよく観に来てくれて、厳しいことも言ってくれます。怖くもあり、頼もしくもあり、まるで「伝説の酋長」のようなイメージ。戦々恐々ですが、きっと稽古は無心にぶつかれて、楽しいんだろうなと思っています。
おもしろい作品になると思うし、するつもりです。
木野さんや福原さんに、自分の新しい部分が引き出されるのを、とても楽しみにしています。
「クオリティは安心。でも予想がつかない」のが月影だと思っているので、ぜひ見に来て欲しいです。

source:New feed

1:2022/09/21(水) 19:18:37.58ID:CAP_USER9 9/21(水) 12:20配信

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の40代を対象に「日本一だと思うロックギタリスト」というテーマでアンケートを実施しました。

【画像:ランキング10位〜1位を見る】

 多くの40代から「日本一」だと思われているのは、どのロックギタリストだったのでしょうか。ランキングを見ていきましょう!

●第2位:松本孝弘
 第2位は「松本孝弘」さんでした。セッションギタリストとしてプロ活動を始め、1988年にソロアルバムを発表。同年にB’zとしてもデビューしました。

 1999年には、ギターメーカー・ギブソン社から、日本人初のレスポール「シグネチュア・アーティスト」に選ばれています。

 2010年にはラリー・カールトン氏とともにアルバム「TAKE YOUR PICK」を発表。世界的に高く評価され、第53回グラミー賞の「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞しました。

●第1位:布袋寅泰
 第1位は「布袋寅泰」さんでした。ロックバンド・BOØWYのギタリストとして一世を風靡し、1988年にアルバム「GUITARHYTHM」でソロデビューを果たしました。

 映画「KILL BILL」のテーマ曲に採用された「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY(新・仁義なき戦いのテーマ)」を手がけるなど、作曲家としても有名で、世界的に高く評価されています。

 2012年から英国へ移住し、ロンドン公演や海外レーベルとの契約を実現。アジア・ユーロツアーも開催するなど、国内外で活躍しています。2022年はクリスマス・イブと大晦日に、アリーナライブが開催される予定です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9c8db7e759a6207e0b6e93fd30b638bc4f5c941

https://follow-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220920-10024957-it_nlab-000-1-view.jpg?up=0

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81QoisfLTUL.jpg

2022年9月23日(金・祝)よりTOKYO DOME CITY HALLにて、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage《どついたれ本舗VS Buster Bros!!!が開幕した。

(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

本作は、社会現象を巻き起こしている音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』の舞台化シリーズ(ヒプステ)の新作公演で、シリーズの次章として、新たに始まる《2nd D.R.B(ディビジョン・ラップバトル)》の時間軸を描く。なお、本公演はライブ配信の実施も決定している。

どついたれ本舗 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

どついたれ本舗 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

キャスト開幕コメント

【オオサカ・ディビジョン“どついたれ本舗”】

目次

■白膠木簓:荒牧慶彦

今作ではどついたれ本舗とBuster Bros!!!のそれぞれの関係がより深く描かれています。何よりオオサカ・ディビジョン、簓と盧笙の二人の想い、葛藤を上手く表現出来たらいいなと思っております。このステージでしか体験出来ないラップバトル、どうぞご堪能ください。

■躑躅森盧笙:里中将道

今までにないほど熱いストーリーに自分も気合いがはいってます。そして常に進化するヒプステの圧倒的な演出、パフォーマンスを沢山の方に観てもらえたらと思っています。どついたれ本舗として全力で頑張りますので、よろしくお願いします。最後まで皆んなで走り抜きたいと思います!

■天谷奴零:郷本直也

刺激的な稽古の日々でした。各々の熱い心情がぶつかり合って生まれてきたものは、きっと沢山のお客様の心にも届くと信じております。一緒に胸熱な時間を過ごせる事を楽しみにしております。

【イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”】

■山田一郎:高野洸

ヒプステの新たなる章という認識で取り組みました。今回はより人間味を求めて作っているというのが一人一人からひしひしと感じ、カンパニーのアツさを感じました。第二章のリアルをぜひ劇場で体感していただきたいです。応援よろしくお願いします。

■山田二郎:松田昇大

いつも応援いただきありがとうございます。山田二郎役を再び演じられること、改めて嬉しく思っています。これまでtrack.1~BoPと出演させていただきましたが、演技をするという意味ではtrack.4から約一年半振りです。そして今回は原作CDのドラマトラックに基づいた内容。

ヒプステも回を追う事に進化し、挑戦している中で自分がこれまで学んできた事を今作にぶつけていきたいと思います。3人の兄弟愛、オオサカとの因縁、山田二郎の葛藤をしっかりお届け出来ればと思います。

■山田三郎:永島龍之介

客席から見ていた自分がまさかそのステージに立てることに未だに驚きが隠せません。優しい先輩方に沢山アドバイスを頂き、確実に凄いものになったと思います!

今回の公演は原作に沿った内容ということもありますので、より深くより新しくなるヒプステをぜひ楽しみにしていてください。

どついたれ本舗 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

どついたれ本舗 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

Buster Bros!!! (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

Buster Bros!!! (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

Buster Bros!!! (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

Buster Bros!!! (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

一郎、零 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

一郎、零 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

簓、盧笙 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

簓、盧笙 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

二郎、三郎 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

二郎、三郎 (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

 

source:New feed

元宝塚歌劇団・雪組男役スターの彩凪翔が、ファーストアルバム『「De mon cœur」心から~彩凪翔』のリリースに向けて2022年10月9日(日) 19:00~20:00に配信イベントを開催する。

本イベントでは、11月30日発売のファーストアルバム『「De mon cœur」心から~彩凪翔』のレコーディングと撮影のため訪れたパリでの思い出、アルバムや歌への思いを語る。

当日の歌唱曲は、ファン投票によって選ばれるとのことだ。

source:New feed

1:2022/09/21(水) 11:44:10.75ID:CAP_USER9 Google Playで障害か プロセカや原神など「有料アイテム購入しないで」の投稿相次ぐ – ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2209/21/news108.html

2022年09月21日 11時12分 公開 [松浦立樹,ITmedia]

一部のスマートフォン向けゲーム公式アカウントから「Google Play ストアで障害が発生しているので有料アイテムを購入しないで」というツイートが相次いでいる。投稿が出始めたのは9月21日午前10時ごろからで、セガの「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」(プロセカ)や中国miHoYoの「原神」など、複数タイトルが同様の呼び掛けをしている。

https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2209/21/l_tm1636144_09211_1_w490.jpg
プロセカ公式Twitterアカウント(@pj_sekai)の投稿

https://twitter.com/pj_sekai/status/1572392255314595840

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

1:2022/09/21(水) 11:44:10.75ID:CAP_USER9 Google Playで障害か プロセカや原神など「有料アイテム購入しないで」の投稿相次ぐ – ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2209/21/news108.html

2022年09月21日 11時12分 公開 [松浦立樹,ITmedia]

一部のスマートフォン向けゲーム公式アカウントから「Google Play ストアで障害が発生しているので有料アイテムを購入しないで」というツイートが相次いでいる。投稿が出始めたのは9月21日午前10時ごろからで、セガの「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」(プロセカ)や中国miHoYoの「原神」など、複数タイトルが同様の呼び掛けをしている。

https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2209/21/l_tm1636144_09211_1_w490.jpg
プロセカ公式Twitterアカウント(@pj_sekai)の投稿

https://twitter.com/pj_sekai/status/1572392255314595840

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

1:2022/09/22(木) 23:20:25.39ID:CAP_USER9 グールドの偉業を讃えるイベント『グレン・グールド・トリビュート』が開催 無料生配信も決定
2022.9.20 SPICE
http://spice.eplus.jp/articles/308327
http://spice.eplus.jp/images/WnlDLCQeZZ728506JZ5ygxDleMgLnmffMRHUiERvXBEfR0mL8mk4YFWxcWcJm2Zr.jpg

メディアが開く音楽の未来を信じて、コンサート活動を放棄し、録音に専念したカナダの天才ピアニスト、グレン・グールド(1932年9月25日-1982年10月4日)。彼の偉業を讃えるトリビュート・イベントが、命日の10月4日にカナダ大使館のオスカー・ピーターソン シアターで開催されることが発表された。なお、このイベントは世界に向けて無料生配信される。

2022年は、グールドの生誕90周年にして没後40年のメモリアル・イヤー。彼が50歳でこの世を去ってから40年が過ぎたが、残された数々の録音の評価はますます高まりつつある。特に日本での人気は根強く、グールドの正規録音の全作品がCD化され、著作集や伝記から彼を題材にした小説や戯曲まで、関連書が数十冊以上にわたり出版されている。また各種の映像番組や伝記映画も好評を博し、一般の音楽ファンにも親しまれるようになってきた。

今回の『グレン・グールド・トリビュート』ゲストには、ヴァイオリニストの宮本笑里、ピアニストの熊本マリ、そしてグールド研究者の宮澤淳一の各氏を迎えた演奏や講演、ヤマハの“Dear Glenn”プロジェクトで開発されたグールドの演奏を学習したAIによるピアノの自動演奏も披露される予定だ。

◆宮本笑里コメント

宮本笑里(C)Akinori Ito
http://spice.eplus.jp/images/ogEBLHcg3KTjqQzp6k63PpPchBSN4UNLTZwPYMepxDvI6D7uKnve0ILu90PNt2bt/.jpg

グールドは小さいころから大好きなピアニストの一人です。独特のタッチ、一音一音の粒立ちの美しさは一度聴いたら忘れられないほど大きな魅力を放っています。10年前にショート・ムービー『アンジュール』のために、坂本龍一さんプロデュースで録音したグレン・グールドとの時空を超えたコラボ曲「アヴェ・マリア」を今回生で演奏出来ますこと、とても楽しみにしています。

◆公演情報
『グレン・グールド・トリビュート 生誕90年、没後40年を迎えて』

日時: 2022年10月4日(火)午後7時から午後8時30分
配信方法:カナダ大使館YouTubeチャンネル「カナダと日本」※イベントは無料でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/channel/UCIhHpD4ObeWNamwdWaFaHaw
ゲスト:宮本笑里(ヴァイオリニスト)、熊本マリ(ピアニスト)、
ヤマハ株式会社 前澤 陽(AIピアノシステム開発者・“Dear Glenn”開発担当)、
青山学院大学 宮澤淳一(教授、グールド研究者)
言語:日本語、英語(逐次通訳あり)
主催:カナダ大使館
協力:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ、ヤマハ株式会社

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

1:2022/09/21(水) 13:26:24.84ID:CAP_USER9  広がる一方の旧統一教会問題。信者をだまして高額商品を買わせる「霊感商法」の被害が明るみになっているが、AERA dot.編集部は「霊感商法」で使われていた商品「カタログ」を入手した。
高額の価格表もついている。元信者の証言では、商品を買わされた被害者がクレームを入れて返金があっても、教会が大儲けできる仕組みがあることもわかってきた。

「こういうカタログを片手に売り歩いていました。カネ持ちそうな人には、高い商品を売りつける。そう指導されていました」

 と話すのは、旧統一教会(現世界平和統一家庭連合)の元信者。手にしているのは、上質紙で製本された手のひら大の「BIBLE Series【聖書シリーズ】」と題されたカタログだ。

https://dot.asahi.com/S2000/upload/2022092100016_2.jpg

 このカタログが使用されはじめたのは、1980年代から1990年代にかけて。旧統一教会の霊感商法が社会問題化した後だ。

「霊感商法と言えば、壺や印鑑、多宝塔などがその象徴です。旧統一教会の霊感商法は、S展と呼ばれる壺や多宝塔の展示会を口実に来てもらい、その人の資産などに応じて適当な値段をつけて売りつける手口でした。
ちなみにSはストーン、壺を意味する旧統一教会の隠語です。『壺ではすぐに霊感商法、統一教会とバレてしまうから、宝飾品に』ということで、ペンダント、指輪などに変わったのです」

 そして、
<聖書シリーズ 価格一覧表>
 を見ると、17点の定価が記されている。

https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2022092100016_4.jpg

 最も高いのは「宴の時」で715万円、次いで「心情の泉」で540万円、「心情の華」250万円、「麗華」240万円、などとなっている。

 全国霊感商法対策弁護士連絡会の加納雄二弁護士はこれまで、旧統一教会から高額でペンダントなどの宝飾品を売りつけられた被害者の代理人として裁判や交渉を進め、いくつもの「勝訴的な和解」を得ている。

 加納弁護士が和解に至った被害者の一人は、カタログにも出ている「宴の時」など6つの宝飾品を買わされ、約1480万円もの被害にあった。

 旧統一教会に内容証明郵便を送付したところ、

「寄付については教会で対応する。宝飾品については販売会社に連絡してほしい」

 と告げてきた。だが、販売会社を調べると旧統一教会のダミー会社で、信者が社長のA社だった。

 交渉の結果、宝飾品を返品し、1100万円、月々50万円、22回の分割返済で返金するという和解の内容でまとまったという。返金額は被害額の約75%だ。

 旧統一教会のダミー会社が販売している商品なので、一般的な宝飾品の市場からみれば、資産価値に欠けるものばかりだ。それも一度売りつけた商品を、被害額の75%ほどで引き取っても大丈夫なのか?

 元信者が説明する。

「マスコミでも報じられていますが、壺は原価が1つ数万円ほどで、100万円とか200万円で売りつける。多宝塔も原価30万円ほどとされるものを5000万円で買わせた例を私は知っています。
宝飾品に鑑定書はついていますが、それも旧統一教会の関係先のものです。
高額の『心情の泉』で、原価は20万円から30万円と聞いた。
だから、クレームが来て75%返金で折り合っても儲かるのです。
おまけに、裁判になるまでに和解すれば弁護士費用などもいらない。私も売りつけた被害者から、弁護士を通じて返金を求められ、幹部が和解をしたことがあります。
その時も『返金が7割ほどだから、結局は儲かった』と言っていました」

 AERA dot.も8月15日の記事で、旧統一教会の「十八番」である壺や石塔の原価(1986年時点)について、

<壺が約3万円、石塔が60万円程度>

 と報じている。

 原価の何十倍もの高値で売るわけだから、クレームに応じて7割以上を返金しても教会は大儲けできる仕組みだ。

「クレームがあったときの返金の条件は、宝飾品の返品です。戻ってきた商品は、また霊感商法で別の人に売りつけるので、すぐに誰かの手に渡っていく」(元信者)

https://dot.asahi.com/dot/2022092100016.html?page=1
https://dot.asahi.com/dot/2022092100016.html?page=2
https://dot.asahi.com/dot/2022092100016.html?page=3
ソースに続きあり

1:2022/09/23(金) 05:28:53.48ID:CAP_USER9 博多大吉は「ツンデレ強め」後輩芸人が証言「でも最終、嬉しい言葉をサッと」 共演者反応「キュン」
[ 2022年9月22日 09:38 ] スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/22/kiji/20220922s00041000221000c.html
「博多華丸・大吉」の博多大吉Photo By スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/22/jpeg/20220922s00041000219000p_view.jpg

 お笑いコンビ、天津の向清太朗(42)が21日放送のTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・00)に出演。事務所の先輩である「博多華丸・大吉」博多大吉(51)の“ツンデレ”ぶりを明かした。

 同番組ではこの日夕方、放送10周年を記念した有観客イベントを開催。パーソナリティーの赤江珠緒アナウンサーと水曜パートナーを務める博多大吉はイベントリハーサル出席のためラジオ生放送を欠席、TBS近藤夏子アナ、向が代役を務めた。

 先輩の大吉について「12、3年、かわいがってもらっている」と向。ただ、今回代役を務めることについては大吉から「俺だけはちょっとまだ反対しているんだ」とLINEが送られてきたほか、「自分から断るべきだ」「恥をかくのは君だよ」などと言われたとし、「そういうツンデレが強めな先輩だと思ってます」と続けた。

 近藤アナが「なるほど、大吉先生はツンデレなんですね」と語ると、「めちゃくちゃツンデレです」と返して周囲を笑わせた向。ただ、「ズバーっと責め立てるんですけど、最終、ちゃんと『でも向君は面白いから、こういう返しするんだよね』みたいな。先輩に言われたら、一番嬉しい言葉をサッと添えてくれるんですよ」とも。近藤アナも「ちょっとキュンとしちゃいますね」と感じた大吉の優しさ。向は「でも、そのデレまでが長いんで。それに耐えうる体力は必要ですけど」と笑いつつ、「素晴らしい先輩です」と、感謝を込めて語っていた。

(おわり)

1:2022/09/23(金) 07:47:08.92ID:CAP_USER9 今シーズンいっぱいでPSGとの契約満了、Jリーグ入りも視野か

フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、クラブとの契約が今季いっぱいで満了となる。そんななか、
スペインメディアはJリーグへの移籍が選択肢の1つとなることを指摘。新天地候補としてJ1ヴィッセル神戸の名前が挙げられ、「契約する選択肢をテーブルの上に置いている」と報じている。

36歳のラモスは昨夏、16シーズンにわたって活躍したスペインの名門レアル・マドリードから、フランスの強豪PSGへ完全移籍。
昨季は怪我の影響でフル稼働が叶わなかったものの、今季はセンターバックの主力として君臨し、リーグ・アンで首位を走るチームを支えている。

そんなラモスとPSGの契約は、今シーズンいっぱいで満了。PSG側は契約延長オファーを提示する見込みとされる一方、新たなチャレンジを選択する可能性もあるようだ。
スペインメディ「ElNacional.cat」は「セルヒオ・ラモスは PSG で最高の状態を取り戻したが、更新する予定はない。
彼はテーブルに2つの大きな提案を持っている」と報じ、米MLS(メジャーリーグサッカー)とともに、Jリーグ移籍の可能性も指摘している。

記事では「セルヒオ・ラモスは、アンドレス・イニエスタとの素晴らしい経験の後、ラモスをチームに加え続けたいと考えているヴィッセル神戸と契約する選択肢を数週間前からテーブルの上に置いている」と指摘。
さらに「彼は日本サッカー挑戦への意欲も持っている」とも綴った。

一方で、神戸側の動向にも触れられており、「今シーズン、ヴィッセル神戸は降格の危機に瀕するほど成績を落としたため、
来シーズンに向けて優秀な選手を補強することを決定した。セルヒオ・ラモスはその優先順位の高い選手であり、スター選手としての契約をオファーする」と報じている。

ラモスの神戸入りは、今年4月にも海外メディア上で報じられ、スペインメディア「Deportes Cuatro」では、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」社と“メガ契約”を結んだことが起因していると報じられ、
話題となった。一旦は収束したかに見えたビッグネームのJリーグ移籍は、果たして実現するだろうか。
https://www.football-zone.net/archives/404338
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2024/04/23173729/20220423_Sergio-Ramos_ReutersImages.jpg

電子書籍・電子コミックストア【Reader Store】にて、‟今、無料で読める”電子コミックをご紹介! この機会に、ぜひ新たなマンガ作品に触れてください。(※無料期間:2022年9月23日~2022年9月29日)

【期間限定無料配信】不倫食堂 1

'山寺隆一。趣味は出張先での食べ歩き。好きなものは旨いものと……人妻!! 女性の食べている姿を見るのも大好きで、いつも気付けば、彼女と肌を重ねてる!? 旨い料理を食べる。ただ、それだけだったのにどーして、どうして、こんな事に──!!

試し読みはこちら

【期間限定無料配信】葬送のフリーレン(1)

魔王を倒した勇者一行の後日譚ファンタジー。魔王を倒した勇者一行の“その後”。魔法使いフリーレンはエルフであり、他の3人と違う部分があります。彼女が“後”の世界で生きること、感じることとは――残った者たちが紡ぐ、葬送と祈りとは――物語は“冒険の終わり”から始まる。英雄たちの“生き様”を物語る、後日譚(アフター)ファンタジー!

試し読みはこちら

【期間限定無料配信】炎炎ノ消防隊(1)

全人類は怯えていた──。何の変哲もない人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”。炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、現象の謎を解明し、人類を救うことが使命! とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・シンラは、“ヒーロー”を目指し、仲間たちと共に、“焔ビト”との戦いの日々に身を投じる!! 燃え上がるバトル・ファンタジー、始動!!

試し読みはこちら

source:New feed

石野真子主演、鈴木福、川島海荷、しゅはまはるみ、羽場裕一出演のハートフル“お葬式”コメディ、舞台『きっとこれもリハーサル』が、東京公演を2022年9月29日(木)〜10月13 日(木) 新国立劇場小劇場にて、大阪公演を2022年10月22日(土) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて上演する。

このたび、アフタートークの日替わりゲストMCが決定。さらに約1カ月にわたる稽古の様子をまとめたスペシャル映像を公開し、芝居に向き合う真剣な表情はもちろん、笑顔の絶えない稽古場の雰囲気を届ける。 

合計6公演の上演後に実施するアフタートークにおいて、舞台好き芸人が日替わりゲストMCとして登場。

9月30日(金)18:30公演には、大学時代に演劇サークルに所属していた経験がある相席スタート・山﨑ケイ、10月4日(火)14:00公演には映画・ドラマでの演技力が高く評価されているとろサーモン・村田秀亮、10月5日(水)18:30公演には芸人による演劇ユニット“メトロンズ”としても活動するしずる・村上純が登場し、本作キャスト陣と共に舞台後の感想や稽古の秘話などを語る。

山﨑ケイ(相席スタート)

山﨑ケイ(相席スタート)

村田秀亮(とろサーモン)

村田秀亮(とろサーモン)

村上純(しずる)

村上純(しずる)

10月7日(金)14:00公演には「千と千尋の神隠し」で青蛙役を好演したおばたのお兄さん、10月11日(火)14:00公演には舞台『THE 39 STEPS』、舞台『コムサdeMANZAI!』と立て続けに舞台出演を果たしたあべこうじ、 10月12日(水)18:30公演はNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の出演で話題になったガレッジセール・川田広樹が登場し、舞台の感動を伝える。

おばたのお兄さん

おばたのお兄さん

あべこうじ

あべこうじ

川田広樹(ガレッジセール)

川田広樹(ガレッジセール)

本作は「喪主の練習がしたいの。」という母の突拍子もない発言から、急遽お葬式の練習をすることになった家族がちが繰り広げるハートフル”お葬式”コメディだ。

主演【太田弘江】役を、’78年の歌手デビュー以降トップアイドルとして活躍後、TVドラマや舞台、映画に出演し女優として活躍の場を広げる石野真子が演じる。

弘江の息子【太田賢一】役には、2011年にTVドラマ「マルモのおきて」に出演し人気を博し、以降、映画、TV、舞台、CMなど多岐にわたり活躍をみせ、今作が初本格的ストレートプレイへの挑戦となる鈴木福が、姉【太田泉美】役を、ABEMAオリジナルの結婚モキュメンタリー番組「私たち結婚しました 3」で話題を呼んだ川島海荷が演じる。

太田家の近所の葬儀屋【斎藤美香】役を、2018年公開の映画「カメラを止めるな!」の出演で大ブレイクを果たし、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍をするしゅはまはるみ、そして、弘江の夫【太田昭雄】役を、舞台、テレビドラマを中心に活躍する羽場裕一が務める。

演出を担当するのは、京都を拠点に活動する劇団「MONO」代表で、日本劇作家協会の副会長も務め、細やかな笑いと人間関係を描く群像劇に定評がある土田英生

脚本は、吉本新喜劇やルミネtheよしもとに個性派俳優として出演する傍ら、脚本家としても活動し数々の脚本も担当している赤松新が手掛ける。

最新情報は、公演公式HPを確認しよう。

あらすじ

喪主の練習がしたいの。あなた、付き合って。
ある日突然、「喪主の練習をしたい」と言い始めた母。
ご近所さんのお葬式がグダグダで、本当に酷かったらしく、「自分が喪主をする時に、ああはなりたくない」と、近所の葬儀屋と手を組んで、一からお葬式を学んでいく。

「なんで俺が先に亡くなる前提なんだ!」と怒りながら白装束をまとう父、親になかなか言い出せない秘密を抱えた姉、大学受験を辞めようとしている弟。

バラバラの方向を見ている家族が、やる気が空回りする葬儀プランナーの指示のもと、お葬式のリハーサルをやらされることになるのだが……。

ちゃんと話さなきゃわからないよ、家族でも。見ようとしなかったら、なんも見えない。

 

source:New feed

YAMORIのヒューマンビートボクサーコラボレーション楽曲リリース第2弾のMVが公開された。

第1弾はレジェント"AFRA"が参加したが、第2弾では北海道のヒューマンビートボックスユニット "Rofu"からHIROが参加していた。

"Rofu"は世界大会3位入賞、YouTubeでは登録者60万人を超え、各地でのライブやビートボックスを広める活動をする、日本を代表する二人組のビートボクサーである。本楽曲ではHIROのタイトかつ生きたビートがクラブライクなサウンドと交わり、踊らずにはいられないグルーヴを生み出している。

エッジの効いた表現で冷めていく恋を描いた詞曲と、それを淡く不思議に彩るビートボックスに注目したい。そんな同曲だが、Music VideoがYAMORIのYouTubeチャンネルにて公開された。

監督は前作に続き、幾多のアーティストのミュージックビデオを手掛け、自身もアーティストとして活動しているマルチクリエイターのISSEI。

YAMORIとHIROが向き合い座り、2人の間には一体のアンドロイドが。2人のビートと歌にコントロールされるようにアンドロイドはヒートアップしていく…。百聞は一見にしかずなので、是非その目で直接Music Videoをチェックしたい。

 

そして同時に9/28に「ノータイム feat.John-T」のリリースも発表された。John-TはYAMORIの盟友であり、ライブやYouTubeなどでタッグパフォーマンスをする仲。日本一のビートボックスタッグチーム"Jo-Ws"のメンバーであり、ソロでは全日本大会Best8、数々の大会で優勝するほどの実力の持ち主である。

同曲では唯一無二の低音と、ロックをルーツにもつサウンド感をいかんなく発揮しグルーヴィーなベースラインを担当している。

なおトラックメイカーには実力派プロデューサーTAAR氏を起用し、ハウスミュージックを基調にしつつも一筋縄ではいかないオンリーワンな楽曲に仕上がっている。

 

また、18日20:00にはフレアのレコーディングやMV撮影時のYAMORIを追ったドキュメンタリー「Behind The Scenes」が、21日には先日9月6日にZepp DiverCity Tokyoで行われたイベントBEAT X FES TOKYOの様子がそれぞれ同チャンネルにアップされる予定となっている。

 

YAMORIは今後も配信リリースを続けていく予定のようだ。

 

source:New feed

クールで優秀なビジネスパーソンから、人生の波にうまく乗れない不器用な訳アリ女子まで幅広い役を演じ、数々の映画賞や演劇賞に輝く俳優・吉田羊がデビュー25周年を迎えた。俳優として、果敢に新境地を切り拓いてきた彼女が、Billboard Live TOKYOにて、初めての音楽コンサート『吉田羊Night Spectacles The Parallel~ウタウヒツジ~25th Anniversary Special』で、“役”を脱ぎすてステージに挑む。

これは、WOWOW が贈る俳優によるコンサート「Night Spectacles」シリーズの第1弾でもある。

映画『アナと雪の女王2』や大塚製薬「ポカリスエット」CMなどで歌声を披露してきたほか、2018年にJUJUの「かわいそうだよね(with HITSUJI)」に客演し、JUJUの日本武道館公演で共演もしてきた吉田羊に、記念すべきトップバッターを託したというわけだ。

歌声にも定評のある人気俳優の吉田、人生初の音楽コンサートとなれば、注目が集まるのは必至。さらに、大河ドラマ『真田丸』やリモートドラマとして話題となった『2020年五月の恋』(WOWOW)で夫婦役を演じた、大泉洋のゲスト出演も決まった。“ようよう”コンビとしてファンから親しまれる2人の、軽妙なトークにも期待が高まる。

そんな、音楽、映画、ドラマ、演劇…あらゆるエンタテインメントに愛され、愛する吉田が贈る『吉田羊Night Spectacles The Parallel~ウタウヒツジ~25th Anniversary Special』の、第1夜、第1回公演の様子を即時レポートとしてお届けする 。尚、9月23日(金・祝)のライブ配信チケットは絶賛発売中。

25年を記念したコンサートで初めて歌う曲はなにか。バンドメンバーがステージに上がり、拍手で迎えられるなか、会場の誰もが頭の中で想像しただろう。鮮やかな衣装で現れた吉田が歌い始めたのは、映画『ファニーガール』から、これからのステージへの願いのようなものを感じさせる1曲。コンサートの始まりを告げるように、パワフルに歌い上げた。

続いて披露したのは、「母とよく聴いた思い出の曲」という『サウンド・オブ・ミュージック』からの曲など、洋楽2曲をジャジーなアレンジでカバー。ビルボード東京という艶っぽい空間で、大人な夜へと導かれていくのを感じられるような選曲だ。

かと思えば、自身が出演する「ポカリスエット」CMからの1曲は、荒井由美のセンチメンタルな名曲。ウォームなバンドサウンドに乗せて、1語1語ずつを大切に抱きしめるように歌う姿が印象的だった。

このライブのタイトル「The Parallel」には、“本業は役者だが、「歌い手の吉田羊」という世界が存在していたら、こんな風にライヴをやっていたかもしれない”という、妄想世界=パラレルワールドという意味を込めているという。そんなところにも彼女の謙虚な人柄、音楽への敬意、役者への誇りがにじんでいるように思える。

そんな人だからだろう、数曲おきに衣装替えをしてファンの目を楽しませようとする吉田の想いに応え、吉田と夫婦役を演じた矢作兼(おぎやはぎ)や、吉田を発見した立役者の中井貴一、数々の作品で吉田を起用してきた三谷幸喜など、多彩なゲストが快く衣装チェンジの間に流れる企画VTRに登場し、観客を大いに楽しませていた。

中盤は、もっとも素顔の吉田羊を垣間見せるタームだったのではないだろうか。和装に身を包んで、艶っぽい昭和歌謡や、彼女が大ファンだと公言する椎名林檎の楽曲を熱唱。普段もこんなふうに場を盛り上げるのだろうか、自ら手を叩き、客席からの手拍子を促した。

坂本冬美のナンバーをシアトリカルに歌うさまは、彼女がステージで輝く表現者であることを如実に証明していた。アップテンポなサビでは、今度は観客が自発的に手拍子をうち、ライブの一体感を味わっていたのも印象的だった。

吉田羊 撮影:宮川舞子

吉田羊 撮影:宮川舞子

終盤は、いよいよ大泉を迎えてのデュエットパートだ。シックな衣装に着替えた吉田が、「ここからは大泉洋さんです」とゲストを迎え入れると、温かでどこかノスタルジックな響きとともにビリー・ジョエルのナンバーを歌い始めた。2人が見つめ合い、2人の声が重なり、美しいハーモニーが会場に響き渡ったとき、誰もがうっとりしたことだろう。

しかし、歌い終わった途端に、「こんなに近いんですか、恐ろしい空間ですね(笑)」と大泉が茶化すように話し出し、脱線トークに突入。

ゲストとしてデュエットする曲選びが難航したというエピソードでは、「なかなか返事がなくて…。大泉さん、お忙しいのかなと思っていたら家族旅行へ行ってましたよね」と吉田に責められる一幕も。そんな軽妙なトークから、2人の信頼関係が透けて見えるようだ。

トークがこのまま続くかと思いきや、“お時間です”を繰り返す機械じかけの天の声。「大泉さん対策としてアラームを用意しました」と吉田が言うと、客席からは笑いと拍手が贈られた。「まだまだ歌い足りない。不本意です」とゴネる大泉を、クールにあしらう吉田羊も、まるでドラマの1シーンを見ているかのようだ。こうした、肩ひじ張らないファンとの交流もまた、このスペシャルライブで吉田が実現したかったことの1つだ。

2曲目のデュエットソングは、2人が子どものころに好きで口ずさんでいたという曲。凛と美しく歌う吉田の歌に、深みを添える大泉の声。サビでは2人の情熱的な歌声が重なり合い、赤いライトとミラーボールがあやしく煌めく空間が、さらにその曲の世界観を立体的に魅せていた。

大きな拍手で送られながら大泉がステージから去り、いよいよラストへ。

「25年、支えていただきありがとうございます。皆さんの声で吉田羊は半分出来ています」と、ありったけの感謝を伝えたあと、青い光の中スツールに腰掛けた。そして、それまでの思いを巡らせるかのように、ときには、客席に話しかけるかのように歌う姿は、あたかもひとり芝居のような静かな迫力があった。この曲は、いまを生きるファンに向けての吉田からのエールだったのかもしれない。

そんな静かな余韻に浸る間もなく、客席からはアンコールを求める熱烈な拍手が沸き起こった。

オールラストを飾るのは、吉田羊にとって初めてのオリジナルソングで、自ら作詞を手がけた「colorful」。これは、大泉と演じた「2020年五月の恋」がモチーフになっているという。力みのない柔らかなバンドサウンドに乗せて、何気ない日常を切り取ったような歌詞を愛おしそうに歌う透明感のある歌声は、会場の隅々にまで穏やかに染み渡ったことだろう。

カーテンコールでは、本ライブの音楽監督を務めた兼松衆氏ほか、バンドメンバーと大泉が勢ぞろい。兼松はかつて吉田が出演したドラマの劇伴を担当したというめぐりあわせだ。

吉田は、本ライブを妄想世界と称したが、parallel(平行)だと思っていた世界は、いつしかクロスオーヴァーし、優雅に交じり合っていた。こんな吉田羊は、きっと誰もいままで見たことがない。しかし、俳優としての25年があったから、この音楽ライブが実現し、彼女がずっと音楽を愛してきた俳優だからこそ表現できる唯一無二のコンサートとなった。そんな貴重な1時間半の魔法にかけられる幸せを、ぜひ体感してほしいものだ。

(文:橘川有子/撮影:宮川舞子)

source:New feed

宝塚歌劇団 雪組が2022年11月7日(月)宝塚大劇場(兵庫県)にて上演する、グランド・ミュージカル『蒼穹の昴』~浅田次郎作「蒼穹の昴」(講談社文庫)より~の千秋楽を、全国各地の映画館でライブ・ビューイングすることが決定した。

19世紀末、清朝末期の中国・紫禁城を舞台に繰り広げられる浅田次郎の大ベストセラー小説「蒼穹の昴」の初の舞台化に、宝塚歌劇が壮大なスケールで挑む。

人間の力をもってしても変えられぬ宿命などあってたまるものか──激動する時代の流れの中で懸命に、運命に抗い力強く生きる人間たちの勇気、そして希望。彩風咲奈演じる梁文秀(リァン・ウェンシウ)の鮮烈なまでの生きざまを主軸にし、宝塚歌劇版としてドラマティックに、華やかに描き出す歴史ミュージカルとなる。

そして本公演は、トップ娘役・朝月希和が宝塚大劇場のラストステージを迎える。公演はもちろん、朝月希和サヨナラショー、退団者挨拶まで余すところなく映画館に生中継する。

source:New feed

1:2022/09/20(火) 05:35:00.87ID:CAP_USER9 『科捜研の女』新シリーズに最強の“敵”出現!石黒賢演じる天才物理学者がマリコを翻弄
9/20(火) 4:30 TV LIFE web
https://news.yahoo.co.jp/articles/e316bd5311ba4245bb3b6d12d5c09605feac0de5
『科捜研の女 2022』左から)石黒賢、沢口靖子
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220920-00010002-tvlife-000-1-view.jpg

沢口靖子主演ドラマ『科捜研の女 2022』(テレビ朝日系)のスタート日が、10月18日(火)に決定。さらに、天才物理学者・古久沢明役で石黒賢の出演が発表され、コメントが到着した。

この秋、「火曜よる9時」という新たな舞台で生まれ変わる、科学捜査ミステリーの最高峰『科捜研の女』。ファン待望のスタート日が、10月18日(火)に決定。初回は2時間スペシャルで、よる8時から放送される。

そんな本作には、“シリーズ史上最もクレバーな敵”ともいうべき新キャラクターが出現。主人公・榊マリコ(沢口靖子)に冷酷な敵意を向けるのは、天才物理学者・古久沢明(こくざわ・あきら)だ。数々の作品で善人から悪役まで見事に演じ分けてきた俳優・石黒賢が、不遜極まりない孤高の科学者・古久沢にふんし、初回を皮切りに、シーズンを通じてマリコの前に立ちはだかる。

石黒が演じる古久沢は、科捜研の新メンバー・君嶋直樹(小池徹平)の元同僚で、京都環境生態研究センターに所属していた物理学者だ。初回では、彼らの元上司に当たる環生研センター長・奥崎譲(小宮孝泰)が火の気のない公園で突然、焼死するという不可解な事件が発生。

「科学は未来の人類のためにある」という壮大な信念を抱く古久沢は、自身が所属していた研究室の閉鎖を決定した奥崎に対し、「研究を阻む者は、未来の人類にとって害悪でしかない」と軽蔑の目を向けており、「排除されて当然」と殺されても仕方ない人物だと何のためらいもなく言い切る。

もしや古久沢がなんらかの手段を用い、手を触れることなく奥崎の人体を発火させ、死に至らしめたのか…。マリコは事件の真相を解き明かすべく奔走するが、古久沢は“心情”という不確かなものを糸口に、真実に近づこうとするマリコを「科学者として醜悪」と冷たく非難する。果たして、古久沢は謎の焼死事件と関わっているのか。衝撃の事件、そして衝撃の敵が出現するという新シーズンの幕開けだ。

脚本を読み、古久沢という人物のクレバーな部分に面白味を感じ、オファーを受けたという石黒。マリコと激しく対立する役柄だが、「古久沢にとっては、どこか感情を優先するマリコの姿勢が、科学者として我慢ならない。だからこそ“あなたは醜悪だ”と告げるのですが、それは彼女を認めているがゆえのこと。どうでもいい相手にはそんなことは言わないはずなので…」と、その構図の根底にはマリコへのリスペクトが潜んでいると分析。「面と向かって言うのはある意味、フェアな男である証」とも言い、ただ冷酷なだけではない古久沢という人間の奥行きを見つめながら演じている。

石黒と沢口は互いにデビュー間もない10代の頃、CMで初共演。その後も同じ作品に名を連ねることは度々あったものの、本格的な共演は今回が初めてのこと。「俳優ってワンシーン一緒にお芝居したら相手がどういう人かなんとなくわかるものですが、彼女の演技からはシリーズを長く背負ってきた責任感と誠実さが伝わってきました」と、対峙して改めて感じた沢口のひたむきさに感銘を受けたと語り、「そんなやっちゃん(沢口)に面と向かってキツイ言葉を言うのは芝居とはいえ、なかなか胸が痛いです(笑)」と本音を打ち明けた。

さらに「古久沢が最終的に“シロ”なのか“クロ”なのか、プロデューサーに聞いても全然教えてくれないので(笑)、限りなく“クロ”く演じていますが、みなさんも古久沢がどんな謎を秘めているのか、シーズン通じて楽しみにご覧いただけたら」と、初回以降の展開に期待をあおるコメントも。

石黒の語るとおり、古久沢は初回をはじめ、最終回にいたるまで思わぬ形で登場し、マリコを翻弄していく。本作の大きな軸となる“マリコVS古久沢”の対決にも注目だ。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

1:2022/09/22(木) 20:48:42.76ID:CAP_USER9 Sirabee
2022年09月22日(木)19:00

堀江貴文氏、今度はとんねるず・石橋貴明の“芸風”に持論 「あんま…」拡大する(全1枚)
堀江貴文氏、今度はとんねるず・石橋貴明の“芸風”に持論 「あ…の画像はこちら >>

実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が22日、自身の公式ツイッターを更新。ダウンタウン・松本人志の笑いをめぐる発言で注目を集める中、今度はとんねるず・石橋貴明の芸風について持論をつづった。

■松本のお笑いは「1番つまんないと思ってる」

堀江氏は、18日に公開された幻冬舎編集者・箕輪厚介氏のYouTubeに登場。

漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」に関する質問に答えていく流れで「ダウンタウンの松本さんとかのお笑いが、俺多分1番つまんないと思ってる派。何がおもしろいのかさっぱりわかんない」などと発言。

スピードワゴン・井戸田潤のネタ「ハンバーグ師匠」やピン芸人・小島よしおの笑いが好みだと明かした。

関連記事:石橋貴明がファンからの“禁断の質問”に回答 「ドリカム結成前に…」

■ダウンタウン派かとんねるず派か

以降、笑いの感覚に興味を示すユーザーが現れるようになり、堀江氏のツイッターには「ダウンタウン派かとんねるず派かではやはりとんねるず派でしたか?」との質問が。

これに堀江氏は「どっち派でもないです」と返信する。
■石橋の芸風は…

続けて「イジメなのかイジリなのかパワハラ系の石橋さんの芸風自体はあんま好きではないですね」とキッパリ。あくまでも芸風についての話で「それは石橋さん個人が嫌いとかではないですよ」と補足している。

今回のツイートによって、また新たに堀江氏の笑いのツボが判明。ファンからは「堀江さんはの笑い感覚は多分小学生が笑うようなわかりやいのが好きなんじゃない?」「みんな堀江さんの好み知りたがってるの割と草」などの反響が寄せられている。

https://www.excite.co.jp/news/article/Sirabee_20162943557/

https://s.eximg.jp/exnews/feed/Sirabee/55/Sirabee_20162943557/Sirabee_20162943557_1.jpg

1:2022/09/21(水) 23:54:25.86ID:CAP_USER9 34才女性社長「既婚男性との交際・妊娠」で電撃辞任、前代未聞のIR アウトドアブランド上場企業スノーピーク

 東証プライム上場で、1958年創業の老舗アウトドアブランド企業「スノーピーク」が9月21日、「代表取締役社長執
行役員山井梨沙の辞任と代表取締役社長執行役員の交代について」と題するIR資料を発表した。それによると、山井梨
沙氏(34)は既婚男性との交際・妊娠を理由に辞任を申し出たという。

 上場企業が、女性社長自らの不倫を理由として明記したIR資料を出すのは前代未聞だ。「異動の理由」にはこう記さ
れている。

〈当社代表取締役社長執行役員である山井梨沙から、既婚男性との交際及び妊娠を理由として、当社及びグループ会社
の取締役の職務を辞任したいとの申し出がありました。本日、当社はその辞表を受理し、臨時取締役会にて、現在代表
取締役会長執行役員である山井太が本日付にて代表取締役社長執行役員を兼務することを決議いたしました〉

 会長であり社長を兼任することになった山井太氏は、梨沙氏の父親にあたる。

 32才の時に父から同社を受け継いだ山井梨沙氏は、キャンプブームに乗って事業を拡大させ、会社の名を広めた立役
者として知られる。梨沙氏は積極的にメディアに登場。2020年12月、『7RULES(セブンルール)』(フジテレビ系)に
登場した際は、自らの7つのルールとして「初めての仕事相手とは焚き火を囲む」「毎朝 出勤途中に神社を通る」「服
を作るときは『生地』から決める」「寝る前に『静かなるドン』を読む」「職人に会うときはひとりで」「新潟・東京
で二拠点生活する」「父に助けを求めない」を挙げていた。

 Instagramでも自らのライフスタイルを公開し、2019年には「お見合い写真」というハッシュタグをつけて、着物姿
の美しい写真をアップしていた。

 経営面でも注目されており、会社は16期にわたり増収を続けていた。今年6月に発売された著書『経営は、焚き火の
ように Snow Peak飛躍の源泉』では、〈スノーピークという会社は社員全員がキャンパーであるということが最大の
特徴です。社員数が600人を超えた現在でも、採用基準ではキャンプが好きかどうかを重視しています〉など、その経
営の要諦を明かしていた。

 会社の舵取りは父親に戻すことになり、皮肉にも「7つめのルール」は守れなかったようだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe7d1afc94160da24f44137496d26a074285e55d
山井梨沙(34歳)
https://imgur.com/CfVPWUC.jpg

【話題】上場企業スノーピーク34才女性社長、既婚男性との不倫・妊娠で電撃辞任 [ヴァイヴァー★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1663762371/

1:2022/09/22(木) 17:21:57.31ID:CAP_USER9 9/22(木) 11:51配信
デイリースポーツ

 くりぃむしちゅーの上田晋也が21日、日本テレビ系「上田と女が吠える夜」で、20代後半を最後に「泣いた記憶がない」と言いだし、若槻千夏から「人間なんですか?」と驚かれた。

 この日は「涙もろすぎる女が大集合」として、すぐに泣いてしまうという女性タレントが集結。それぞれが号泣エピソードを紹介しては泣いていた。

 その流れの中で、若槻千夏が上田へ「上田さんが最後に泣いたのはいつですか?」と質問。すると上田は「マジで言うと、20代後半ぐらい」と25年近く前に泣いたのが最後と言いだし、スタジオの女性陣は「ええ?」と騒然。

 上田は「ライフ・イズ・ビューティフルを劇場に見にいって、あれは泣いた記憶がある。それ以降、泣いた記憶がない」と断言し、若槻は「人間なんですか?」とキレ気味にツッコミ。その後も、若槻がかつて共演し、涙したという松山千春の生歌や、横澤夏子が鳥人間コンテストの胸アツシーンなどを紹介するも、上田の目はカラカラ。「なんで泣いてないの?」「トイレ行ってた?」など、女性陣は激怒していた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220922-00000052-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/026cc84d09e93fde9d971b9454dd3f555ad7d239

デジタルヒューマン・松田優作が初主演するショートムービーが9月21日に東映ツークン研究所のYouTubeチャンネルで公開された。

映像は、「コンテンツの未来をデザインする」というミッションのもと、企画・制作、研究開発を行う東映株式会社の東映ツークン研究所が制作したもの。同研究所は専門チームを編成し、2019年からの3年間におよぶデジタルヒューマン研究開発プロジェクトを進めてきた。2022年春には、かつて東映グループ会社のセントラルアーツに所属し、『最も危険な遊戯』『蘇る金狼』『探偵物語』『華の乱』『ブラック・レイン』などで知られる松田優作を映像で復活させるプロジェクトを始動。ショートムービーは、その第2弾として発表されたものだ。

松田優作の独特の雰囲気やオーラをデジタルヒューマンとして蘇えらせるため、顔の復元にはツークン研究所が運用するスキャンシステム“Light Stage”で取得した複数人の超高精細3DCGデータをもとに、機械学習で生成した顔モデルを利用。表情の動きにはトラッキング技術を使用し、松田優作のボディダブルの表情を解析のうえ、アニメーションをつけているという。また、AIによる音声復元および AI音声ディレクション全般を、ゲーム開発から映像、メタバースコンテンツ開発などの制作を幅広く行うORENDA WORLDが担当。音声合成分野で有名な名古屋大学発の企業・TARVOのAI音声変換技術“Suara”を使用し、松田優作の音声復元に挑んでいる。なお、本作では、松田優作のクリエイティブ全般を担う女優・写真家の松田美由紀が監修している。

 
 

公開された映像では、松田優作が夜のトンネル内を車で運転する姿や、スマートフォンを使って通話する様子、ジッポーライターで煙草に火をつける仕草などが映し出され、最後には、「YUSAKU MATSUDA」のクレジットで締めくくられている。

なお、デジタルヒューマン研究開発プロジェクトでは、この技術をこれから先の映像作品の中に活かし、過去の偉人や大スターを現代のスクリーンの中に蘇らせるなどの新たな映像体験を生み出していくとのこと。さらに、社会実装の観点から、AI技術と連携などをはかり、街中での道案内や広告、または接客などのサービス業での活用など幅広い技術活用の可能性を追い求め、社会の課題解決に挑むという。

映像公開にあたり、松田美由紀、東京藝術大学大学院映像研究科教授の岡本美津子氏がコメントをよせている。

 

目次

松田美由紀

(C)三宅英文

(C)三宅英文

青いライト、煙草の香り。俳優、松田優作の短編映画ができあがりました!亡くなって 33 年経った今、皆さんの想いで新作が作られた気持ちです。監修ではパソコンに向かって少しづつ、時間をかけて、優作の世界に入っていきました。形を追い求めるのではなく私の中の記憶、優作への想いを頼って一歩一歩近づいていく。圧倒的に強いオーラ。それだけを感じながら制作のお手伝いをしました。どんどん顔に魂が吹き込まれていくから不思議。ぜひ現代の優作に会ってみてね。

 

岡本美津子(東京藝術大学大学院映像研究科教授)

人は微妙な顔の筋肉の動きで感情を読み取ろうとするのですが、この映像ではそれが自然に表現されており、デジタルヒューマンを見たという印象よりも普通のドラマの1シーンを見たというのが率直な感想でした。今回の映像は、デジタルヒューマンが1人の俳優として活躍できる可能性があることを提示した素晴らしい作品だと思いました。また、この技術を東映ツークン研究所の目的の一つでもある社会実装においても活用することで、現代社会に様々な可能性を提供してくれると期待しています。

 

source:New feed

藤井 風が、セカンドアルバム『LOVE ALL SERVE ALL』収録曲「damn」のミュージックビデオを、9月30日(金)0:00にYouTubeにて公開することが決定した。監督はこれまでも「優しさ」「旅路」などの作品を担当してきた山田健人が務める。

また、同タイミングに「instrumental」「karaoke」を加えた3曲入りのデジタルシングル「damn」のリリースも決定。配信に先駆け、ジャケット写真を公開した。

秋には、セカンドアルバムのリリースを記念した、『LOVE ALL SERVE ALL STADIUM LIVE』と題したスタジアムライブを大阪府吹田市のPanasonic Stadium Suitaにて開催予定。Panasonic Stadium Suitaで音楽ライヴをするのは藤井 風が史上初となる。

「damn」MVティザー

source:New feed